車検とは

車検は法律で定められている保安基準です。忘れずに必ず受けましょう

車検をなぜ受けないといけないのか

車検とは正式には「自動車検査登録制度」のことをいい、自動車が安全に運行できることを検査によって確認する制度を言います。自動車の新規購入時はもちろん、定期的に車検を受けなければ公道を走ることは出来ません。

車検の有効期限ですが、一般的に自家用自動車であれば、初回は3年、2回目以降は2年毎に検査を受けることになっています。自動車には車検証が積んであるので、車検証を見れば車検の有効期限を知ることも出来ますし、フロントガラスに期限の記載されたステッカーが貼られています。万が一車検の切れた状態で公道を走ると一発免停、さらに刑事罰も科されます。その場合は市区町村役場で仮ナンバーを取得するか、キャリアカーで車検場まで運んでもらわなければなりません。

有効期限をこまめにチェックして、期限内に車検を受けることを忘れないようにしましょう。ちなみに普通車を新規で購入した場合、車検を受ける前に車庫証明を取得しなければなりません。陸運局で自動車登録の手続きをする際に車庫証明書が必要だからです。車庫証明の必要書類は保管場所の所在地を管轄する警察署で入手することが出来ます。車庫証明の受付時間は都道府県によって若干の差異があるようです。

車検と法定点検の違い

車検と定期点検の違いが分からない、車検を受けなければならないのは分かるけど、定期点検は受けなければならないの?そう思われるかもしれません。

車検はあくまで外観面、安全防止面、公害対策面で一定の保安基準に適合していることを国土交通大臣あるいは軽自動車検査協会が認めることで、公道を走る許可をもらっているにすぎません。そのため車検は整備や部品交換をすることではないのです。

また車検に通ったからといって、次回の車検まで自動車が安全に走れることを保証したものでもありません。一方で自動車が壊れないように予防をし、性能を維持するために行う検査、整備を定期点検といいます。

定期点検は1年に1回は受けることが法定されており、2回に1回は車検と同時に行っている方がほとんどです。これは整備車検といって、車検と一緒に定期点検を行っているので、車検と定期点検を混同している方が多いのでしょう。

定期点検項目には自動車の分解整備作業が必要になる項目もあるので、基本的にディーラーや民間車検場などに依頼することになります。車検時には必ず定期点検を行ったことを証明する「点検整備記録簿」を提示することになります。

そのため、例えユーザー車検を行う場合でも、定期点検は別途受ける必要があります。定期点検をしっかりしていないと、重大な事故や思わぬ修理費用が発生することにもなります。定期点検は車の健康診断のようなものですので、しっかりと点検整備を行い、安全に公道を走りましょう。

おすすめ情報

フィリピン留学ならファーストクラスがおすすめです。こちらで使用する教材は当校長が自ら研究開発したオリジナルのもので、英語が苦手な日本人でも短期間で英語力を身に付けることができます。この教材を基に多方面からのアプローチをすることによってコミュニケーション力の向上を図ります。まずは英語の語順を理解し、それに慣れることが重要です。英語の語順と日本語の語順は違うのでそこの基礎から理解し、英単語とそれに付随してくる動詞なども学んでいきます。日本人の英語習得者がやりがちな、頭で一度日本語に訳してから話す癖も、特訓して英語を訳さずに話せるようにしていきます。発音に関しては、日本人が聞き取れない音も積極的に習得していき、リスニング力は日常生活からでもインプットできるため学校以外でも効率よく学ぶことができます。

https://1-class.jp/